Zの死

Zが「ニュー・ホーム」に入居したのは2008年9月、

3兄弟での入居、彼は真ん中、

上には二人の姉がいる。当時彼は9歳だった。

そして、小学校8年を終えて保護者権を叔父さんの元に返したのが2015年。

7年間をモヨで過ごしたことになる。

その後モヨは高校のスポンサーになった。

残念なことに高校2年の時にドロップアウト、

と言うより退学させられていた。

保護者である叔父さんも

彼の退学させられたことを知らないという奇妙な退学。



彼が「学校を変わりたい」と言ってきて、

学校へ問い合わせたとき、

「彼を永久追放しました」と聞いて驚き、

叔父さんに問い合わせて叔父さんも知らなかったことが判明。

彼が何をして強制的に退学させられたのかは、

学校も話してくれず、今持って不明。



それ以来姿を消した彼が現れたのは、

1年以上経ってから。

その時は既に何かの薬物に侵されていた。

虚ろな目で、同じことを何度も繰り返す。

きちんとした対話が成り立たない。

叔父さんと話し合いたいと何度も言ったのだが、

叔父さんの行方を知らないと言うばかり。



そうこうしているうちに自転車を盗んで

警察に追われているという噂も聞いた。

ただ、つい最近になって、

先月ヒョッコリ顔を出し、

従兄弟のところに住んでいると言うことだった。

薬も止めているように思われ、

一安心したものだ。



それから1ヶ月ほどして彼の訃報を聞いた。

従兄弟のところで肺炎で亡くなったと。

直ぐに彼が居た頃のモヨの仲間たちが

動き出したものの、十分な葬儀の費用が集まらず、

大半の葬儀費用はモヨが出し、

葬儀と埋葬は3月29日に行われた。



彼の命日は2019年3月20日、

享年20歳。

彼は今ナイロビの市営墓地に眠る。

今頃は両親に迎えられ、

安らかな眠りについていることを願う。

力足りず彼を薬物から解放できなかったことが悔やまれる。



3月31日(日)記       テル

  • Facebook
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
moyologo.jpg

NGOモヨ・チルドレン・センターを支える会

​Email: for.moyochildren@gmail.com​

Copytight (C) Moyo Children Centre All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now