高校義務化発表!

昨日(1月2日)の新聞の最後のページをみてビックリ!

教育省?首脳の談話として全ての小学校卒業生(8年生卒業時に国家試験を受ける)は、全て高校へ行かせなければならないとのこと。

それは、早期結婚している子どもにも適応される。

そして、地方行政ともタイアップして、入学していない子どもがいないように確認する。

行かせていない親には厳しい処置をすると。


100%全員小学校から高校へを強調するこの記事の中で、「両親を追跡していけば、両親はどうして子どもたちが学校に行っていないのかを話すだろう。

政府としては、もし学校に行かせていない子どもを見つけたら、強制的に政府が学校に入学させる」とも言う。

そして政府が昨年から始めた基金について触れ、具体的な数字が記されているが、そこから政府がやろうとしている全体像は見えてこない。


スタッフとこの記事を共有し、政府が責任を持ってやるのなら、それは有り難い!

取り敢えず、モヨは高校学費支援のプログラムを一旦閉じると決定した。

政府のお手並み拝見!である。


さて、今、子どもたちが通っている小学校の校長先生に、この件に関して聞いてみた。

「去年も同じ発表をした。去年はティカのスラムも訪問した。でも、システムをちょっと弄っただけで、根本的なアクションは起こさなかった。政府は言っているだけで、全員入学なんてできる筈が無い!」と冷たい?反応。


さて、そうなのか・・。


1月3日(金)記      テル

  • Facebook
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
moyologo.jpg

NGOモヨ・チルドレン・センターを支える会

​Email: for.moyochildren@gmail.com​

Copytight (C) Moyo Children Centre All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now