新たな仲間

カレブ・ジュグナ(11歳)が

「ニュー・ホーム」に正式に

入居したのは今年の1月18日(金)。


1月半ば、路上で一緒になり、ついてきた。


顔に見覚えがあると思ったら、

2017年に一度短期間モヨのホームにいたこともあり、

その後公立のレスキューセンターにいたこともある。



家で落ち着けず、モヨでも、

レスキューセンターでも落ち着けず、

未だにタウンをウロウロ。

ただ、幸いなことに、

薬物には深くははまってはいなさそうだ。



彼の家庭は両親と彼を含め5人の子どもたち。

彼を含む上の3名と下の二人とは父親が違う。

その義理の父親は酒飲みで暴力を振るうらしい。

母親も父親に気兼ねしてか、彼を殴るという。

父親は路上でフルーツを売り、

母親は臨時の仕事をしている。



両親がいるものの、

両親には彼を育てきれない、

彼を返せば直ぐ路上に舞い戻るのは

目に見えているということで、

児童局からモヨで預かるようにとの

レターが出た。



さてさて、そのカレブ、

モヨのスタッフや学校の先生を悩まし始めている。

宿題はしない、授業はさぼる、

自分のものの洗濯もしない、

彼より小さいギタウに色々やらせる、

鞄にワセリンを塗りたくる等々、

色々な不満が届く。



兎も角、色々なものに目移りし、

目の前のことができないのだそうだ。

あだ名が付いた「目移りや」だそうな。

本人は何を言われても、

都合の悪い時はだんまりを決め込むそうだが、

私の部屋へは彼の甲高いおしゃべり声が聞こえる。

洗濯場で、ちびっこたちに嬉しそうに話している。



今回、彼は落ち着くことができるのだろうか。それともまた出ていくのだろうか。暫く様子見だ。




1月30日(水)記      テル

最新記事

すべて表示

ボランティア希望の若者たちに振り回された1日

ケニアで1,2を争う国立のK大学のあるクラブ(チャリティ?)の学生さんたち50名余がモヨを訪問したいとの申し出を受けたのは1ヶ月ほど前。 人数が多すぎることと、準備に対して具体的なことが不安だったので、一人のスタッフを交渉の専属にし、最終的に受け入れのレターを書いた。 その訪問日時が今日3月7日(土)8;00〜15;00。 そして、スタッフが昨日確認の電話をしたら「申し訳ありません。訪問の件はキャ

お願い!(ハーティン・クリック募金)

日本ではコロナウイルス感染症が広がり、大きな心配になっていますが、皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。 多くの国々が日本人の受け入れを拒否し始めていることも知りました。 私の日本の報告会にも影響が出始め、受け入れてくださる方々にご苦労をおかけしています。 一日も早い終息をと祈るばかりです。 さて、今日は皆様にお願いです。 あることをきっかけに「ハーティン・クリック募金」を通じて、ご寄付を頂くように

ガシオ、その後

1週間、マゴゴニドラッグリハビリ農園で静養?した彼は、今週の火曜日(3月3日)に、手首の骨折と顎の骨のチェックのために、病院へ。 10時過ぎに病院へ入り、診察を終え、「ニュー・ホーム」へ立ち寄ったのは夕方の5時半過ぎ、丁度私がボンフェイスの高校の担任と話し合いを終えて、ホームへ帰ってきたとき。 ただ、その前に4時半ころシンナーに酔っ払った状態で一度訪ねて来たと聞いた。 「マゴゴニ農園へ帰りたい」と

  • Facebook
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
moyologo.jpg

NGOモヨ・チルドレン・センターを支える会

​Email: for.moyochildren@gmail.com​

Copytight (C) Moyo Children Centre All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now