今日もストリートの子どもたちがやって来た!

先週土曜日、昨日に続き、

今日(9月10日・火)もストリートから子どもたちがやって来た!


一人はアブディ(13歳?)、

アクロバットの上手い子だ。

母親とキャンドゥトゥスラムに住んでいる。

シンナー歴も長い。時々、家に帰る。

母親はモヨに預けたがっているが、

本人は踏ん切りがつかない。

先日も、マゴゴニ農園を視察?に行った。

その日は、「気が向いたら、また来るよ」

「いつでも良いからお出で」と別れた。

今日もシンナーのボトルを手にしている。

「預かるよ」と言ったら、素直に渡してくれた。


もう一人は、先日マゴゴニの農園に入居?

翌日、そのときに入居していた(10日近く)キムを唆して?

連れて?タウンに戻った子。

「よく来たね。キムは元気?」

「ウン」

「彼にもいつでも戻っておいでって伝えてよ」

「本当に戻っても良いの?」

「もちろん!いつでも!」


お昼ごはんを皆と一緒に食べた。

「今度いつ農園へ行く?明日?何時?それじゃ、もう一度農園へ一緒に行ってみるよ。

住むかどうかは分からないけど」

とアブディ。

「じゃ、明日待ってるよ。9時までに来てよ」

預かっていた、シンナーのボトルを返し、

誰かに借りてきたという、

足の付かない大人用の

自転車タクシーに二人乗りをして、帰っていった。


果たして、

彼たちは明日来てくれるだろうか。

「明日、来てくれなくても次があるさ」

と思おうとしている私がいる。

待ち続けることは出来る!



9月10日(火)記      テル

  • Facebook
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
moyologo.jpg

NGOモヨ・チルドレン・センターを支える会

​Email: for.moyochildren@gmail.com​

Copytight (C) Moyo Children Centre All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now