スワッ!エボラか?!

夕食待ちの午後6時過ぎ、ギタウ(9歳)が私の部屋へ。

両足が痛いという。筋肉痛らしい。

どうにか消炎鎮痛の貼り薬?を見つけて両足のふくらはぎへ。

見守る子どもたちは羨ましそう。



終わったと思うと次はケヴィン(10歳・新規入居)が、

足が痛いと言ってきた。

見てみると両足のくるぶしに小さな出血が点々。

「どうしたの?何かしたの?」

「何にもしない。急に自然に?出血し始めた」と。

「エッ!エボラ!?皆触らないで!!」

咄嗟に思いつき慌ててスタッフを呼んだが、生憎スタッフは外へ。

慌てて大きな子どもを呼び、

翻訳してもらいながら、

詳しい状況を聞いた。

それによると、くるぶしが余り汚いので、

石で擦って汚れを落とそうとして傷つけたとのこと。



人騒がせな一幕ではあったが、

そういえば帰国し、お客様が去られて以来病人?や怪我人?が相次ぐ。

これは子どもたち流の「お帰りなさい!」?



8月10日(土)記     テル

  • Facebook
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
moyologo.jpg

NGOモヨ・チルドレン・センターを支える会

​Email: for.moyochildren@gmail.com​

Copytight (C) Moyo Children Centre All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now